コンセプト

85年に渡り、金属機械加工への確かな信頼を受け続ける井上製作所

天明鋳物のDNA

栃木県佐野市には、一千余年の歴史を生き抜いた「天明鋳物」と称された金属加工産業が今なお息づいています。時代の要求に伴いイノベーションを続け、現代では機械工業の関係機器分野にも進出するようになりました。

当社は、そのDNAを受け継ぎ、鋳物の製造販売を生業として1927年に創業。

以来、自動車用プレス金型工作機械食品製造装置プラント関連など、幅広い分野で使用される金属部品の加工を行ってきました。

中でも自動車用プレス金型分野には35年の実績があり、単品、小ロット、複雑な形状物への対応技術は、高く評価されています。

図面の読取から金属部品の加工

また当社には、スタッフ全員が図面を読めるという優位性があります。

常に品物と図面を照らし合わせることで、二次元の絵を三次元に展開できる技能を取得。
設計図から、設計者がどうしたいのか?何を欲しているのか?正しく読み解くことで、お客様が望む物を、望む時間に仕上げています。

高精度な品質、無駄を無くすことで可能なコストパフォーマンス、
徹底した納期の厳守。

「総合的な技術力」と当社が自負しているのは、これら全てを実現しているからです。

 

レイバーイノベーションについて

全スタッフ一丸となって、レイバーイノベーションに取組んでいます

レイバーイノベーションに取組んでいます社会の変遷に伴いお客様からのご要望も変化し続けている中、どのような時代の流れにおいても常に柔軟に対応できるように、全社をあげて新たに取組んでいることがあります。

それが、レイバーイノベーション

レイバーイノベーションとは、日産自動車株式会社NPW改善コンサルティング室の指導を受けて行っている「現場改善活動」のこと。

日産自動車では、お客様の求める品質と価格、納期にお応えするために、オリジナルのクルマの造り方(Nissan Production Way:日産生産方式)を構築してきました。

その蓄積されたノウハウを活かした提案には定評があり、私達も2年ほど前から実施。

提案された改善案を基に実施することで、生産性が向上し、新たに営業活動にも専念できる等、大きな成果を上げています。

技術の進歩にも、ニーズの多様化にもスピーディに対応するために、私達自身のイノベーションも、繰り返し続けています。