社長挨拶

代表取締役社長 井上義孝

未来を考えて歩むと、金属加工業としての進むべき道が見えてくる。

機械加工や金属加工は今、海外との競争にさらされています。

そんな厳しい状況の中にあって、私たち井上製作所が着実に成長への道を歩んでいるのには、いくつかの理由があります。

一つは、お客様のニーズに応えられる品質。

人の手には揺るぎない力があります。長年培ってきたノウハウや技術力を活かし加工された弊社の金属部品には定評があり、お客様から高い満足をいただいています。

さらにこの確かな技術力により、製作課程において余計な作業が発生しないため、ご希望の納期を守るだけではなく、コスト面において還元することが可能になっています。

スタッフ全員が図面を読み解けるといった、一人一人のレベルの高さが、弊社の総合力となって力を発揮しているのです。

 

そしてもう一つ挙げるとすれば、弊社が取組んでいるレイバーイノベーション。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、日産自動車様のNPW改善コンサルティング室の指導を受けて行っている「現場改善活動」です。

この取組みにより、人材や設備等の資源を有効活用できるようになり、それを発展させるためにPDCAサイクルを実行できる仕組みづくりを実現。

新たな顧客開拓やオリジナルの金型加工品の開発等に時間を費やすことができるようになりました。

 

弊社には85年の歴史があります。

 

その間、私達の視線の先にあったのは、常に未来です。現状に満足して変わらないのではなく、新たな領域に挑むことで変わり続ける。

全ては、お客様のため。

これからも、私達の挑戦は続きます。